常識を疑うという事

科学と関連してもう一つの誤りは、一般人はもちろんで時々科学者も現在の発表される知識が絶対的真理だと考えるということだ。事実科学的知識の属性はその知識が現在の人間知性と考えることができる最善の理性的な答というものだ。現在の水準では非常に信頼するだけのことはあるが今後絶対変わらないだろうという保障はない。

実際の私たちは如何に多い科学知識が時代について変わってきたのか多くの事例を科学歴史で見ている。 したがって科学を過信してこれを絶対的真に主張するのは非常に危険なこともある。 私に科学そういえば私がどれくらい分からなかったかを習う過程と同じだった。

いつも謙虚な気持ちで知識に臨む時自然は新しい秘密を開いてくれるようだった。 知識に対する傲慢は良い科学の最も大きい敵でありうる。

科学む知識は一つに集まってパラダイムを形成してそのパラダイムは私たちの生活と思考に大きい影響を及ぼす。 そのパラダイムはいつも変わってきたし今でも変わっている。 世の中を見る根本方式としてパラダイムを形成していくのに科学は総体的に重要な役割をしてきた。

ひょっとして今皆さんが困難を経験する問題があるならばその問題を漠然と感情に任せずに科学的思考や方法論で接近してみれば思いのほか容易な答えを探すかも知れない。

例えば、異性の友人に私がなぜ魅力を与えることができないのか苦しくて、思春期子供たちととうてい交流できないならば感情的反応より生物学的に、生態学的に考えてみれば意外な解決策がありえる。

そういったアプローチもきっとありえる。