実験データと解釈の違い



一方、科学でも同じ事件やデータを見ても解釈して認識する幅が狭ければデータは新しい知識に連結されることができない。 データを認識する方式は科学者により多くの差を見せる。 したがって科学者の認識幅が広くなった方が良い科学に必要な要素となる。


この頃に私はその間どんな問いを抱いてどのように科学をしてきたか見て回る。 私の一生を通した科学的質問は‘歳月は生命体に何か’または‘どのように生命体が歳月を認識して成長、成熟、老化して死んでいくのか’ということだ。

もちろんまだその大きい問いに対する答を知らない。 答えを探す最初の段階仮説は植物が老化してただ死ぬのでなくどんな精巧な遺伝的プログラムに置かれているということだった。 今は短い生を買う植物子供壮大を通じてその答えを探す知識をチャグンチャグニ集めていく中だ。 いつか植物、進んで生物一般がどのように歳月を認識して死に行くのかに対する答えを探したい。